新着情報

エスアールでは、お金や経済に関する情報をお伝えするブログを公開しています。

「社会保障・税番号制度」平成28年1月導入予定

国税庁から「社会保障・税番号制度」について、公表されました。導入は平成28年1月

からの予定です。そこで この制度の目的や今後のスケジュールなどを紹介します。

 

1.導入の目的

番号制度は個人や法人に背番号を付して、社会保障・税・災害対策等の分野での情報を効率的に管理・活用しようとされるものです。

期待される効果としては次の3つがあります。

①公平公正な社会の実現

所得や行政サービスの需給状況を把握し、負担を不当に免れることや給付を不当に受けることを防ぐこができるとともに、困っている人には木目細やかな支援を行えます。

②利便性の向上

各種の申請を行う際の添付書類の省略等手続きが簡素化されます。また、自身の情報の確認が可能となり、様々なサービスを得ることができます。

③行政の効率化

地方公共団体などでの情報の照合、転記、入力などに要している時間・労力が削減されるとともに、作業の重複などの無駄が削減される

 

2.国税分野での利活用

確定申告書や法定調書等税務関係書類に番号が記載されるので名寄せや申告書との突合せが正確かつ効率的に行える。その結果適正・公平な課税が行えます。

 

3.導入スケジュール

平成27年10月から番号が通知され、28年1月から順次、社会保障、税、災害対策の分野で利用開始される予定

  • 住まいのお役立ち情報がいっぱい!イエマガ
  • ICGへのリンクはこちら
  • お問い合わせ